積みサイクルで勝ちたい人生だった

ポケモンについて適当に書いていく※駄記事

[シーズン17使用PT]最高2140最終2007ガルガブゲンクレセドランゲッコウガ

シーズン17お疲れ様でした
所々からサーカス団等々を聞いていましたが私自身はとても楽しいシーズンであったと自覚しております

こちらのPTを改善して今シーズンに臨みました


f:id:seed_poke:20160913223522j:image

まず必要だと思った事
相手に合わせていてはダメだと判断し上からの制圧を重視
リスキー行動を避け安定択でどこまで行けるのかを目標にPTを組む
再戦時にも苦労せず選出ができ問題無く行けるようにする
この3点を今回は重視する事にした

まずコンセプトの上からの制圧として猫騙し+捨て身タックルガルーラ
そしてスカーフガブリアス
いくら速くてもケアが効かないのは厳しいので襷ゲンガーを採用
範囲が取れるラムめざ炎ゲッコウガを採用
極力安定行動だけで相手を詰める事が可能になるクレセドラン
これにより対面ベース、サイクル選出をする事が可能になった

以下個別解説


f:id:seed_poke:20160913211743j:imageガルーラ@メガストーン
無邪気 肝っ玉→親子愛
メガ前181[4]-134[148]-101[4]-73[100]-90-156[252]
メガ進化後181-164-121-93-108-167
猫騙し 捨て身タックル 冷凍ビーム 噛み砕く
ガルーラミラーで先に動けるように最速猫捨て身
カバルドンガブリアスに強い冷凍ビームを採用
ここで不意打ちを採用すると相手のゲンガーの行動に依存してしまうので噛み砕くを採用した
自然な形で相手のガルガブゲンに強い強力なポケモンとなった


f:id:seed_poke:20160913213119j:imageガブリアス@スカーフ
意地っ張り 鮫肌
183-200[252]-132[132]-x-105-138[124]
逆鱗 地震 岩雪崩 毒毒
逆鱗、地震はメインウェポンなので特筆する所はない
岩雪崩に関しては相手の毒ボルトに対して連打できる点で採用
4枠目の毒毒に関してはガルーラガブリアス 崩しの関係 - 積みサイクルで勝ちたい人生だったこちらの記事を読んでもらえれば幸いです
毒毒で数限りのない試合を拾いました
耐久調整はガルーラの秘密の力+不意打ち耐え

f:id:seed_poke:20160913214756j:imageゲンガー@気合の襷
臆病 浮遊
135-×-80-182[252]-96[4]-178[252]
シャドーボール ヘドロ爆弾 凍える風 道連れ
相手のスカガブ、眼鏡サザンに対面から勝てる襷ゲンガー
マリルリの太鼓に関してもケアが効く
技構成に関してはこれが最適であると思っております
ガブリアスがスカーフミラーノーチャンスなのも踏まえて襷で採用


f:id:seed_poke:20160913223701j:imageクレセリア@ゴツゴツメット
図太い 浮遊
221[204]-✕-176[156]-95-150-124[148]
サイコキネシス 月の光 毒毒 身代わり
最大打点を取れつつ相手のゲンガー、バシャーモを意識したサイキネ
クレセリアミラーで優位を取れるように毒毒+身代わりを採用
毒毒+身代わりにより最後まで詰め筋となる事が可能になった
対龍に関しては特に困る事が無かったので冷凍ビーム切り


f:id:seed_poke:20160913215629j:imageヒードラン@食べ残し
穏やか 貰い火
193[212]-✕-127[4]-156[44]-143[28]-125[220]
マグマストーム 大地の力 鬼火 挑発
クレセリアのBを削っているので物理に対して撃てる鬼火
マグスト+鬼火定数+挑発でスイクンを処理する事が可能
ミラーを考慮して大地の力
主にファイアローギルガルドに対して投げていく事が多い
Sに結構割いているので相手のガルーラに対して上から鬼火を入れれる事が多かった
守るが欲しい事が多々あったのが問題点であるが大地の力をPTの問題上切る事ができなかった

f:id:seed_poke:20160913220646j:imageゲッコウガ@ラムの実
臆病 変幻自在
148[4]-×-88[4]-154[248]-92[4]-190[248]
※めざ炎V×VUVU
悪の波動 冷凍ビーム 草結び 目覚めるパワー(炎)
PT単位で鋼の処理ルートがヒードランに頼り切りにならないようにめざ炎を採用
相手にハッサムナットレイが居たら間違い無く選出されるので誘い殺しをする
ゲッコウガ自体がまず呼んでしまうので向こうから来てくれる事が多い
草結びに関してはスイクンの処理速度を上げるために採用
この枠は誘うポケモンに対して強いポケモンであるべきと判断をしてゲッコウガを採用した


2100乗るまでは調子が良かったが最終日に考察力の足りなさが露見してしまいそのままズルズルと落としてしまった
一度も2200に載せる事が叶わないまま六世代の終わりに向かうのはとても苦しい思いです
何にしろ自分の実力が足りないのがなによりも悔しい事でした
六世代で対戦してくださった全ての方々に感謝しています
ポケモンはまだ15年間しかやれていませんのでまだまだ続けて行きたいと思っておりますので七世代でまたお会いしましょう

special Thanks. gantzさん&がーこんさん
あなた方が居てくれたお陰でシーズン17を乗り切れました。 ここで多大なる感謝を残しておきます ありがとうございました
最初から最後まで私の我が儘に付き合って頂き私自身のモチベにもなりました
これからも付き合いを続けていきたいと思っております

ガルーラガブリアス 崩しの関係

ガルガブ選出をする時の問題
相手の物理受けで止まらないようにする
1つの方法としてはガルーラにグロウパンチを持たせて崩す
2つ目の方法はガブリアスの剣舞
この2つが現シングルにおいては主流であると思う
ただこれの問題点としてはガルーラが猫捨て身を使えないorガブリアスにスカーフを持たせる事ができない等が該当される
別段片方ならできるから良いと思われるが個人的に猫捨て身ガル+スカカブは強いと思っているのと選出のしやすさから外したいとは思わない
しかしこの選出では相手の物理受けの突破が非常に困難である
最近のスカカブの4枠目の技にステロが採用されているがここを毒毒にすれば擬似的な崩しを行う事が可能になるのではないだろうか

3枠目のポケモンで崩せればいいとか思うが実際問題として相手のガルーラ等を考慮すると難しい問題である
ガルガブガッサのガッサで崩せる環境ではもう無く対策をされているので

ガルガブゲン+クレッフィ

最近クッション性能が疑われ初めて来ているHBボルトロスに変わるポケモンを模索してみた事から構築をスタート
まずは採用理由から述べていくので技構成、調整等は後半で
まず相手のポケモンを上から叩く事から初めたので最速猫騙し+捨て身タックルガルーラを採用
次に擬似的なゴツメになれ相手のガルーラやゲンガーを上から叩けるポケモンとしてスカーフガブリアスを採用

ここからが本題である
まずどのようなクッション性能を求めるかである
第一条件として相手のガルーラに対して絶対に後出しが効く事から考えた(急所+追加効果非考慮)
次に電磁波が撒ける
最低限の殴り合い性能
そして後続へのサポート(ボルトロスで言えば挑発)
多少なりともサイクルが回せるポケモン

これらの条件に噛み合うポケモンがHBクレッフィであった
まずガルーラから受ける最大威力である地震はHBなら確定で耐える事ができるので第一条件はクリア
悪戯心による電磁波、物理に対して抑制が効き殴り合えるイカサマ
そして後続へのサポート+サイクルを容易とするリフレクター+光の壁
これらの理由からクレッフィを採用した

次にクレッフィと相性が良いゲンガーを採用
この枠は対ガルクレセ性能を重視

残り2枠だが
今回はクレセリアを採用
理由としてはこちらのガルゲンクレッフィが相手のバシャーモに対して不利を取ってしまう為である
普通のとは違う特殊なクレセリアを今回採用していたのだが芳しく無かったので今回は伏せさせてもらいます

そして最後は面倒なポケモンを纏めて見る事ができるとしてめざ炎ゲッコウガを採用
構築単位で相手のナットレイを呼ぶのとゲッコウガに対して結構出されるポケモンに刺さるので今回はめざ炎を採用した

以下調整等(後日加筆予定)

使いたい並びメモ

ガルーラガブリアスゲンガークレセリアハッサムゲッコウガ
相手のアローとボルトが疎い

まずボルトロスの新しい個体の厳選が面倒だが使いたい

自分はPTを考えていてガルーラガブリアスをシングルにおいて使わない理由がないという理由で自然にPTに入ってきて残り4体で構築を作らないといけないのが最近視野を狭めているのではないかなと思うようになりました
後いつもの愛用しているゲンガーもPTに入れたくなってしまいます
ガルガブゲンである程度どのPTにも柔軟に戦えるので悪くはないがメタの対象である

私のPTは基本的にガルクレセドランと対面ベースの2つなのでそろそろ他の系統に手を出すべきなのかなとか思いました
五世代では積みサイクルと受けループを使っていて六世代初期の頃は積みサイクルを使っていましたが今は主に上記の2つです


余談ですが私はサノバウィッチの綾地寧々に惚れてしまいました

f:id:seed_poke:20160518025645j:image

f:id:seed_poke:20160518025709j:image

f:id:seed_poke:20160518025745j:image
最高に可愛い







毎日4:00に起き6:00出勤20:30退社23:00就寝の日々
退社時間は早まる時はありますが
仕事自体はとても楽しいので私自身は良いのですが体がバキバキになるのが辛いところですね
ただやはり仕事を始めるなら自分の好きな事、やりたい事を職にするべきだなと思いました

ガルガブガッサ最終レート2102

シーズン14使用構築
今期はガルーラガブリアス+崩しの剣舞ガッサに注目
ガルーラで相手のゴツメ持ち(主にクレセリア)を呼び剣舞ガッサの起点にして全抜きを狙うのがコンセプト
残りは信頼のゴツメクレセ+クレセリアを使う上で必要な毒守ヒードラン


以下今期使用PT
f:id:seed_poke:20160315214549j:plain


f:id:seed_poke:20160315214829j:plain
ガルーラ@メガストーン
無邪気 肝っ玉→親子愛
メガ前181[4]-134[148]-101[4]-73[100]-90-156[252]
メガ進化後181-164-121-93-108-167
猫騙し 捨て身タックル 冷凍ビーム 噛み砕く
最速冷B持ちガルーラ
ミラーを考え猫騙し+Aを削っている分+ガルガッサの動きをするために捨て身タックルは確定
冷凍ビームは陽気鉢巻ガブリアスと1:1を取られないのと環境に多かったカバルドンに対して有効
噛み砕くはガルガッサ選出をしていく上で相手のゲンガーを迅速に処理するために採用 とても上手くマッチしていて更に交代読みでゲンガーに対して砕くを通せればeasy winがよくできた


f:id:seed_poke:20160315221217j:plain
ガブリアス@拘わりスカーフ
意地っ張り 鮫肌
183-200[252]-116[4]-×-105-154[252]
逆鱗 地震 岩雪崩 寝言
ガルガッサ選出をした時のお掃除役+ストッパー
意地っ張りの理由はロップ等に対してと火力不足を避けるため 陽気スカガブは割り切りました
岩雪崩に関しては恒例のエッジ外しを避けたかったので 当てれるなら岩雪崩ではなくエッジです
寝言はガルゲン対面で催眠術読みで引き当たっても寝言で対処する事が可能なので寝言を採用
意地っ張りの利点は襷メタモンにコピーをされてもこちらの最速ガルーラで上から安全に処理する事が可能
秘密不意打ち耐え調整にしたかったが他のスカーフ持ちに対して不安要素になるのでASぶっぱ


f:id:seed_poke:20160315222219j:plain
キノガッサ@オボンの実
意地っ張り テクニシャン
156[164]-187[156]-102[12]-×-84[24]-109[148]
キノコの胞子 マッハパンチ タネマシンガン 剣の舞
耐久調整クレセリアの冷B+176ガルの猫不意を超高乱数耐え
Sをある程度伸ばしAは高めになるように
ガルガブガッサと選出をして相手の物理受けを胞子剣舞で起点にしていく
相手の物理受けを処理して自身のAは上がっているので裏のポケモンを削ってスカガブを通す動きがとても強い
受けルを崩せる貴重な枠でもある


f:id:seed_poke:20160315223248j:plain
クレセリア@ゴツゴツメット
図太い 浮遊
227[252]-×-189[252]-95-150-106[4]
サイコキネシス 月の光 毒毒 スキルスワップ
物理受けというよりも数値受け
スキルスワップは今期多かった秘密ガルーラに対してとても安定するので採用
一部の身代わり持ちに対しても強く出れる
毒は相手を削るのにとても重宝するのでもはや確定
サイコキネシスは最大打点として採用
もう特に語ることはないゴツメ持ちである


f:id:seed_poke:20160315224155j:plain
ヒードラン@食べ残し
控えめ 貰い火
193[212]-×-127[4]-173[60]-144[140]-109[92]
マグマストーム 大地の力 毒毒 守る
135-96ゲンガーにマグストが102~121(75.5%~89.6%)
157-116メガクチートがマグストで確定1発
C197霊獣ボルトロスの珠気合い玉(≒C192メガルカリオの波動弾)を確定耐え
削りを重視し穏やかではなく控えめ
マグスト大地で相手のHDアローを見る事が可能
ミラーと命中安定で大地の力は確定


f:id:seed_poke:20160315225022j:plain
ゲッコウガ@命の珠
無邪気 変幻自在
147-116[4]-87-155[252]-81-191[252]
波乗り 冷凍ビーム 悪の波動 ダストシュート
構築の自由枠
最終日前までは守る滅びメガゲンガーを採用していたがとある方々が使っていたマリ(草食)+滅びゲンガー+クレセドランの並びを崩すためにダストシュートゲッコウガを採用した 同時に環境に多いカバルドン入に対しても強気に選出を可能とした 上記のマリゲンクレセに対してはガルガッサ選出をできないのでこちらのゲッコウガで崩す事が可能となった

選出について
相手:こちら
ガルクレセ@サザンorドランorニンフorガブ こちらはガルガブガッサで崩していく

受けループ
ラキグライムドーヤドランバナバンギ
相手の選出は基本ラキグライムドーの初手グライ こちらはガルガッサドラン
グライは初手守るなので捨て身を見せ次のターン居座って毒orムドーに引くので冷凍ビーム ムドーに引かれたらドランを後投げしてグライオンを釣りガッサとグライオンを対面させ剣舞で崩していきます

カバガルに対してはガルガブ(クレセ)ガッサorゲッコウガを選出しガルの冷凍ビームでカバを処理する立ち回りを重視

ヘラクレセドラン(ガブ)に対してはガルクレセドラン

このPTはクチートギルガルドの処理ルートがあまりなく基本的に厳しいです
ゲッコウガの枠は自由なのでクチートに強いポケモンを入れたりすれば安定します
ゲンガーを採用していた時は安定した勝率でした

最後に
皆様方も私も好きな言葉は
「シンプルで完成されている」
これをいつか実現したいです

シーズン14対戦してくださった皆様方大変ありがとうございました!
またいつか

最終レート2102
f:id:seed_poke:20160315230705j:plain
f:id:seed_poke:20160315230711j:plain

マジカルメガゲンガー


                         f:id:seed_poke:20160121175041j:image


f:id:seed_poke:20160121175103j:imageC252S252  臆病
クレセドランを使う上で厳しいゲッコウガサザンドラを処理できる
守るはゲッコウガとの初手対面時に守るでSを逆転するために
ガルクレセサザンの並びにはこちらのクレセ等で相手のサザンを釣ってマジシャで処理をし裏からガルが来るので道連れで2:1を取りeasy win

※ダメ計は追記
地味に臆病晴れオバヒ耐えブシンをマジシャで確2

草案

技構成と持ち物を取り敢えず
調整は後ほど


f:id:seed_poke:20160111164518j:plain@ラム、ナイト、襷
フレアドライブ 飛び膝蹴り 守る バトンタッチ

f:id:seed_poke:20160111164710j:plain@風船
アクアジェット じゃれつく 腹太鼓 守る

f:id:seed_poke:20160111164758j:plain@ゴツゴツメット
逆鱗 地震 ステルスロック 毒毒or剣の舞

f:id:seed_poke:20160111164923j:plain@オボンのみ
臆病 172-x-92-158-100-179
H140 B16 C100 S252
10万ボルト 目覚めるパワー(氷) 気合玉 悪巧み

スカガブを呼びやすくしてマリルリで太鼓していく感じ マリルリの守るはガル、ロップの猫騙しに対して
後2体はガルーラとかでもいいと思います
ボルトの気合玉は範囲ととにかくナットに撃ちたい為
バシャの持ち物案は3つありますがラムが一番かなと思いますが使用してみないと判断できません

これだけですとゲッコウガに簡単に崩されてしまうので残りの枠で頑張りましょう

この前スカガブを誘われて風船マリに叩き潰されたので少し考えました