積みサイクルで勝ちたい人生だった

ポケモンについて適当に書いていく※駄記事

近況報告

どうも皆様方シーズン16お疲れ様でした。

私はあまりポケモンをやれておりませんでしたが仕事もある程度改革が進み落ち着いてきたのでポケモン等に時間を使う事ができそうになりました。

 

ポケモンオフには出れておりまして一応予選は3~4連続だったか抜けれておりますが決勝トーナメントでいつも勝ちきれないので結局はぱっとしない戦績が多いです。

 

ポケモンは好きでやり続けて後2ヶ月程で19年目になります。

ポケモンが好きな気持ちは変わらないので8世代もやりたいと思っております。

 

 

最後に

ガルーラ窓に入らせて頂く事になりました。

窓のメンバーの方々に貢献できるように務めて参りたいと思っております。

自分がこれまでに蓄積してきたガルーラ関係での事を生かしていきたいです。特にガルガブは使い続けて来たので。

7世代は残り2ヶ月で8世代へと移り変わりますが残りの7世代は走り抜きたいですね。

 

6世代から合わせるとガルガブは6年間は使っているんだなと振り返ってみて改めて思いました。

 

 

 

何かございましたら

@SEED_Poke

@RaphtaliaPoke

こちらのどちらかまでご連絡ください

仕事について

端的に言うと仕事辞める事を決意しました。
理由は色々あるのですが一番の理由が多数の人に結構心配かけている事が最近わかったのとこれ以上この職場に居ても身体を壊すだけなんだなって事がわかりました。
リア友然りフォロワーの仲の良い人達皆から辞めた方が良いと言われるとは思ってもおりませんでした。
取り敢えず今年度を目処に退職したいと思います。
もし退職届けを受け取ってもらえない場合労働基準法にでも訴えます。

1日の流れが
朝4:00起床→5:30出勤→平均20:00退社
というなかなか自分の時間が取れないサイクルです。
休日でも会社から電話がかかってきたりするのでゆっくり休む事もままなりません。
10連勤以上がザラだったりします。
(今の所の最高連勤数は16連勤です)

他にも理由がありますが心身共に疲れてきてしまったのでリセットしたいと思います。


ブラック企業絶対ダメ!
せめて労働力にあった給料をくれ

話を聞いてくれたリア友各位、がーこんさんgantzさんたかきおすさんハオさん等々本当にありがとうございました
見つめ直す事ができました

シーズン11最終レート2021 ガルクレセ身代わりスタンダード

シーズン11使用構築

相手の鋼タイプを選出誘導し磁力ジバコでキャッチして処理する事で裏のガブリアスクレセリアポリゴン2ヒレを動き易くする事をベースにした。

受けを鋼に依存している構築に対しeasy winを目標に。

以下使用構築
f:id:seed_poke:20180905222858j:image


f:id:seed_poke:20180905224713j:imagef:id:seed_poke:20180905230552j:image

陽気  肝っ玉→親子愛

メガ進化前 181[4]-145[236]-101[4]-×-102[12]-156[252]

メガ進化後  181-175-121-×-122-167

猫騙し  捨て身タックル  グロウパンチ  炎のパンチ

DL対策をしつつAS特化

猫騙し+捨て身タックルによる対面性能を重視

クレセポリ2に対して出してくるレヒレに対し圧力をかけれる「グロウパンチ」   最速を取っていることによって100族以下に対しての制圧力が高い  ジバコを選出しづらい時に対しての鋼打点として炎のパンチを採用した。

 


f:id:seed_poke:20180905225301j:imagef:id:seed_poke:20180905230719j:image

意地っ張り  鮫肌
183-200[252]-116[4]-90-105-154[252]
逆鱗  地震  ストーンエッジ  火炎放射
ストーンエッジは逆鱗で拘りたくない時やボルトロスヒートロトムに対して有効な点を評価して採用

ランドロスと対しての採用理由はスカーフ枠として採用した場合での対マンダ性能や対炎として有効な点を評価  そして火炎放射を採用できる点である。    「火炎放射」はカミツルギへの役割破壊での採用  対カバマンダツルギへの勝率が格段に上がる。


f:id:seed_poke:20180905225408j:imagef:id:seed_poke:20180905230725j:image

図太い 浮遊
221[204]-×-176[156]-95-150-124[148]
サイコキネシス 月の光 毒毒 身代わり
相手の宿り木の種、毒々、叩き落とすや一撃必殺技を拒否する事ができる「身代わり」を採用  「毒々」との相性もとても良い。

準速キノガッサを抜くまでSを振ることによって対面からキノコの胞子を拒否しやすい。


f:id:seed_poke:20180905225504j:imagef:id:seed_poke:20180905230731j:image

控えめ  磁力
175[236]-×-135-172[52]-110-108[220]

10万ボルト  ボルトチェンジ  ラスターカノン  めざ炎

PT単位で選出されやすいカグヤ、ナットレイハッサムをキャッチして破壊するのが役割    ポリゴン2やレヒレの処理ルートをナットレイ等に依存している構築が多くeasy winが狙いやすい      キャッチした相手の上を取るためのS振り

選出されなくても腐りにくくする為にハガネZを持たせた  叩き落とすのダメージが減らせる等のメリットが多い。


f:id:seed_poke:20180905225617j:imagef:id:seed_poke:20180905230736j:image

図太い  ミストフィールド

172[212]-×-152[28]-116[4]-153[20]-136[244]
波乗り  ムーンフォース  瞑想  身代わり

最速キノガッサ+2まで振ることによって最速抜きまでしか振っていないミラーでとても有利になる  ここまでSを振ると抜いてくるレヒレは臆病HSしか基本いないので型を判別しやすい。

瞑想や「ウイの実」との相性がいい「身代わり」を採用

ヒレ1体で数多くのカバマンダガルドを3タテした。

このポケモンについてはとても多くの事を語りたい  


f:id:seed_poke:20180905225758j:imagef:id:seed_poke:20180905230742j:image

図太い  アナライズ

191[244]-×-140[140]-126[4]-116[4]-95[116]

イカサマ  冷凍ビーム  自己再生  身代わり

下からの毒々や宿り木を拒否する為に身代わりを採用

技の威力を上昇させる為アナライズでの採用

Sは大体のギルガルド抜き

身代わりがあることによってモロバレルカバルドンに対してとても有利に立ち回る事ができる。

 

このPTの特徴としては

カバマンダガルドコケコゲコツルギに対し

こちらの選出はガブレヒレポリ2で9割は勝てる点です

立ち回りに付いては親しい友人達にのみ教えます。

カビゴンが採用されているタイプに対しては選出を考えなければなりません。

 

厳しいポケモン

瞑想コケコ  ルカリオ  ヒートロトム


シーズン11は最終日まで1850付近でずっと燻っていたのですがハオさんからジバコイルを借りることができ持ち直しました。とても感謝しておりますのでここに書き留めて置きます。ありがとうございました。

時間さえあれば2100に乗せる事が可能だったのがとてもわかりました。

上位構築に対しては基本有利に対戦を進める事ができます。 カバマンダ系統、カバリザ系統には無類の強さを発揮する事ができます。

やはりレートをする上での時間の確保は大切な物だと改めて痛感致しました。  言い訳には使えません。

それでは改めましてシーズン11対戦してくださった方々ありがとうございました!

 f:id:seed_poke:20180906003344j:image

ガルーラスタン

簡易記事
対面をベースに相手を崩していく事をコンセプトに設定
広い範囲を持ちながらグロウパンチにより相手を崩す事が可能な事からガルーラを採用。

高めのSラインにより終盤の掃除が可能な事からガブリアスを採用。

対物理(主にバシャや地面)への回答としてクレセリアを採用 カバルドンランドロスとの大きな違いはこだわりテテフを受け切る事が可能な点。キノガッサに対してもそこまで弱くはない点など。

初手性能の高さから幅広い範囲に対して選出をする事が可能な点でゲッコウガを採用 襷+激流のシナジーやまきびしによる相手の耐久調整を崩す事によっての崩し要員

クレセリアを採用している事によって呼ぶガルド対してやクレセリアゲッコウガに氷技を採用していない為身代わりポリゴン2を採用 検討枠

トップの対面性能と単純な積み+Zによる崩しとしてミミッキュ

簡易記事な為SDテキスト

Kangaskhan-Mega @ Kangaskhanite
Ability: Scrappy
Level: 50
EVs: 4 HP / 236 Atk / 4 Def / 12 SpD / 252 Spe
Jolly Nature

  • Fake Out
  • Fire Punch
  • Double-Edge
  • Power-Up Punch

Garchomp @ Choice Scarf
Ability: Rough Skin
Level: 50
EVs: 252 Atk / 4 Def / 252 Spe
Adamant Nature

  • Stone Edge
  • Flamethrower
  • Outrage
  • Earthquake

Cresselia @ Rocky Helmet
Ability: Levitate
Level: 50
EVs: 204 HP / 156 Def / 148 Spe
Bold Nature
IVs: 0 Atk

  • Moonlight
  • Toxic
  • Psychic
  • Substitute

Greninja @ Focus Sash
Ability: Torrent
Level: 50
EVs: 4 Atk / 252 SpA / 252 Spe
Modest Nature
IVs: 0 Atk

Porygon2 @ Eviolite
Ability: Analytic
Level: 50
EVs: 244 HP / 140 Def / 4 SpA / 4 SpD / 116 Spe
Bold Nature
IVs: 0 Atk

  • Recover
  • Substitute
  • Foul Play
  • Ice Beam

Mimikyu @ Mimikium Z
Ability: Disguise
Level: 50
EVs: 132 HP / 244 Atk / 124 Def / 4 SpD / 4 Spe
Adamant Nature

  • Shadow Sneak
  • Swords Dance
  • Play Rough
  • Shadow Claw

ガブリアスの火炎放射はPT単位で厳しいカミツルギピンポイント

選出パターン
対カバマンダガルドコケコ系統
ゲッコウガ(ガブリアス)+ポリゴン2+ミミッキュ
ポリゴン2の身代わりで相手を詰めていくのを意識していく
ミミッキュはこの場合相手を崩す事よりもストッパー要員として意識

対ポリクチ系統
ゲッコウガ+ガルーラ+ミミッキュ
挑発でトリルを阻止しつつ削りガルーラで詰めていく

対ゲンガーランド系統
ゲッコウガ+ガルーラ+ミミッキュ
ゲッコウガ+ミミッキュまでは確定で残り1枠は相手の取り巻きから選択
基本的にはガルーラを選出していく

対カバリザテテフ
ゲッコウガorガルーラ+クレセリア+ミミッキュorポリゴン2
クレセリアは確定で選出
基本的にはクレセリアの身代わり+毒で相手を詰めていく事が可能